いまこそ!日本伝統の和婚が選ばれる理由

近年、若者層に人気の挙式スタイルが「和婚」です。新婦がまとう凛とした白無垢、色鮮やかな色打掛や引き振袖。日本伝統の様式美に満ちた、おごそかな結婚式を執り行うことができます。厳粛で暖かな空間の中で交わす愛の誓いは、「日本人に生まれてよかった」と、実感できる瞬間と言えるでしょう。

< 和婚の種類を知る >

 

和婚といっても、さまざまなシチュエーションがあります。それぞれの和婚のスタイルと趣旨を理解しましょう。

 

神前挙式

ホテル椿山荘東京 庭園内神殿

 

日本神道の教えにのっとった挙式です。神社で挙式を行ない、場所を移動してホテルや結婚式場で披露宴を行います。

神前挙式の施設を備えたホテルや結婚式場では、場所を移動せず、そのまま結婚式と披露宴が行えるのでスムーズです。

ホテル椿山荘東京では、出雲大社の主祭神である「大国主命(オオクニヌシノノミコト)をまつる神殿を完備。

そのほか、近隣の提携神社で神前挙式を挙げることも可能です。

 

仏前挙式

 

仏教の教えにのっとった挙式です。寺院で挙式を行ない、場所を移動してホテルや結婚式場で披露宴を行います。

また、和婚の施設が整っているホテルや結婚式場では、式場に僧侶を招いて仏前挙式と披露宴を行うこともできます。

仏前挙式も対応の会場はコチラから

 

人前挙式

ホテル椿山荘東京オリジナル 水合わせの儀

 

宗派によらず、ご親族や友人に見守られながら2人の愛を誓う挙式です。服装は、新郎新婦のこだわりが強く反映されます。近年では、和婚に憧れる新郎新婦が増加傾向にあります。

 

写真婚(フォトウエディング)

 

結婚式や披露宴を行わない代わりに、2人の結婚の証として、写真を残しておきたいという新しいスタイルの挙式です。

豊かな庭園の中での撮影は、格別のフォトジェニックスポットとなります。

また、挙式はウエディングドレスを着用したけれど、和装でも記念に写真を撮りたいというリクエストも少なくありません。

 

<和婚の衣装>

 

和婚の花嫁衣裳は、大きく分けて「白無垢」と「色打掛」、そして「引振袖」の3種類があります。

 

白無垢

 

TAKAMI BRIDAL 手刺繍美麗花丸紋

 

上から下まで白で統一された衣裳で、婚礼衣裳としてはもっとも格式の高い正礼装。凛とした純白のたたずまいが魅力です。

色打掛

 

TAKAMI BRIDAL 赤翔鶴庭園文

 

白無垢と同等の正礼装ですが、こちらは女性ならではの華やかさが際だつ絢爛豪華なたたずまい。
挙式でも披露宴でも着用できます。挙式は白無垢、披露宴は色打掛と使い分けると、コントラストがより引き立ちます。

引振袖

 

TAKAMI BRIDAL 紺美麗御所解紋

 

振袖の一種ですが、裾を引きずるように着用することが特徴です。

挙式でも披露宴でも着用できます。挙式は白無垢、披露宴は引振袖と使い分けると、コントラストがより引き立ちます。

振袖

 

振袖は、未婚女性の第一礼装です。つまり結婚式は、新婦が振袖を着る最後の機会といえます。

振袖は他の和装衣裳よりも身軽なので、披露宴やパーティーでの着用に人気。

その場合、小物や帯を豪華にして、振袖を婚礼衣裳として整えましょう。

 

また、以下の記事では、ベーシックな和装婚や、和婚に必要な小物などを詳しく説明しているので、参考にしてみてください。

 

 「ご新郎新婦の基本アイテム」

 「鮮やかな文様に秘められた、打ち掛けの魅力」

 「親御さまの衣裳選びの基本」

 「ご親族の衣裳選びの基本」

 

<和婚に似合う髪型>

 

和婚に似合う髪型といえば、第一に思い浮かべるのは、伝統的な日本髪です。

しかし近年では、和婚でも自由度が高く、新婦の個性をより美しく引き出せるヘアスタイルが多くなっています。

和婚のヘアアレンジでは、着物の襟元や襟足なども生かしたいので、アップスタイルが基本。イヤリングなどは付けずに、ヘアアクセサリーで華やかさを演出しましょう。

 

文金高島田

画像提供:ホテル椿山荘東京美容室 ヌーベルマリエマサコ

 

格式の高い白無垢の衣裳で、未婚女性の象徴とされます。その上に綿帽子を羽織ったり、角隠しをかぶったりします。日本伝統の、完成された婚礼スタイルの髪型と言えます。

 

洋髪

画像提供:ホテル椿山荘東京美容室 ヌーベルマリエマサコ

 

白無垢以外の色打掛や引き振袖、振袖では、比較的自由なヘアアレンジを楽しむことができます。和装にも洋装にもマッチする洋髪は、お色直しでドレスなどに衣裳を変えるときに便利です。

 

新日本髪

画像提供:ホテル椿山荘東京美容室 ヌーベルマリエマサコ

 

伝統的な日本髪風に地毛結いで仕上げたヘアスタイルです。地毛ならではのナチュラルな上品な美しさを演出できます。

 

 

<和婚の式場選びのポイント>

和婚の挙式会場を選ぶ場合、必ずチェックしておきたいポイントがあります。ブライダルフェアなどで、確認しておきましょう。

 

和婚の施設が整っていること

結婚式場に、和婚の施設が整っていることも重要です。ホテルや結婚式場内で、神前式や仏前式ができれば、神社仏閣から披露宴会場に移動する手間が必要ありません。

また、披露宴会場そのものにも注目しましょう。一般的な披露宴会場でも和婚は可能です。しかし、和の雰囲気に満ちた披露宴会場なら、新郎新婦の和装がひときわ美しく映えることでしょう。

 

「料亭 錦水」

 

ホテル椿山荘東京では、伝統と品格を感じさせる厳かな3つの神殿など、和婚にふさわしい施設を完備しています。
また、数寄屋造りで庭園が美しい「料亭 錦水」や、昭和モダンな雰囲気ただよう「石焼会席 木春堂」といった披露宴会場も用意。

おごそかで晴れやかな和婚を、ひときわドラマチックに演出します。

 

「木春堂」

庭園やガーデン

花嫁御幸(はなよめごこう)

 

豊かな四季の風情に育まれた日本の文化。和婚もまた、挙式会場に息づく季節感が、大きな演出効果をもたらしてくれます。

ホテル椿山荘東京は、都心のホテルとは思えないほどの豊かな緑に包まれた、静かなロケーションが自慢。広々とした庭園が、和婚の美しさをひときわ引き立ててくれます。

おごそかな式後は、庭園内をご親族のもとに歩く「花嫁御幸(はなよめごこう)」が風情たっぷり。朱傘を差しながら緑の庭園を歩く2人の姿が、参列者の目に晴れやかに映ります。

 

 


 

人気記事ランキング

ホーム挙式いまこそ!日本伝統の和婚が選ばれる理由