1. 結婚準備応援サイト For wedding ホーム
  2. How to 結婚準備
  3. 結婚後の手続き
  4. 婚姻届の届出・手続き
  1. How to 結婚準備
  2. 憧れのハネムーンと、これから始まるふたりの新しい生活。
    安全で楽しい旅行も、結婚後のさまざま手続きも、これを読めば大丈夫!

結婚後の手続き

婚姻届の届出・手続き

用紙は全国共通なので、最寄りの役所で早めにもらう。
記入見本をもらえるところも。
書き間違えたときのために、用紙は余分にもらっておくと安心。
証人の署名を依頼する人には、事前にお願いをしておくのを忘れずに。

提出時に必要なもの

  • 婚姻届(署名・押印済みのもの)
  • ふたりの印鑑
  • ふたりの戸籍謄本(または抄本)※提出先の役所に本籍がある人は謄本などは不要
  • 本人確認書類(運転免許証、パスポートなど)

提出先

婚姻届の提出先は、結婚前のふたりの本籍地、新しい本籍地、所在地のいずれか。
所在地とは一時的な滞在場所も含まれるので、リゾートや海外ウエディングを行った場合、そこで提出することも可能。
ただ、リゾート地の場合は、ふたりの戸籍謄本、海外の場合は、ふたりの3ヶ月以内の戸籍謄本各2通と婚姻届3通が必要。
ほかにも必要な書類が異なる場合があるので、本籍地以外で提出する場合は、その地域の役所、役場、各国の日本大使館に事前に問い合わせを。

提出時間

婚姻届は、365日24時間無休で受付。
ただし、役所、役場の戸籍謄本係の窓口が閉じている時は、時間外窓口に提出。
時間外の場合は、その場で訂正することができないので記入漏れに注意を。
万が一、記入内容に誤りがあった場合でも、後日修正をすれば、受付日は提出日のまま受領してもらえる。

提出期限

期限は特にない。
書類に不備がなければ、提出日が婚姻日になる。

婚姻届受理証明書

戸籍の発行には1週間前後かかるので、戸籍謄本が発行されるまでの間、その代わりとなる書類が婚姻届受理証明書。
パスポートの発行や海外ウエディングの際に必要となる場合があるので、もらっておくと便利。
発行には手数料が必要。

賢い届け出順

引越し→入籍

現在住民登録している市区町村役所に行く

  • 転出届けを提出(市区町村が変わる人)/印鑑・身分証明書
  • 転出証明書をもらう(市区町村が変わる人)
  • 婚姻届をもらう
  • 印鑑登録の廃止/印鑑登録証・身分証明書
  • 国民健康保険の資格喪失届/印鑑・保険証・身分証明書

最寄の郵便局に行く

  • 郵便用の転居届を提出

電気・ガス・水道の移転手続きを済ませる

新居に引越し

新しく住民登録をする市区町村役所に行く

  • 転入届を提出(市区町村が変わった人)
  • 転居届を提出(市区町村が同じ人)
  • 住民票をもらう
  • 新しい戸籍謄本(抄本)をもらう
  • 印鑑登録
  • 国民年金の住所変更
  • 国民健康保険加入

各種住所変更

  • 運転免許証
  • 生命保険
  • 銀行口座
  • パスポート
  • クレジットカード

市区町村役所に行く

  • 婚姻届提出
  • 住民票をもらう
  • 戸籍謄本(抄本)をもらう

各種氏名変更

  • 運転免許証
  • 生命保険
  • 銀行口座
  • パスポート
  • クレジットカード

入籍→引越し

現在住民登録している市区町村役所に行く

  • 婚姻届をもらう
  • 婚姻届提出
  • 新しい戸籍謄本(抄本)をもらう

各種氏名変更

  • 運転免許証
  • 生命保険
  • 銀行口座
  • パスポート
  • クレジットカード

現在住民登録している市区町村役所に行く

  • 転出届を提出(市区町村が変わる人)
  • 転出証明書をもらう(市区町村が変わる人)
  • 印鑑登録廃止/印鑑登録証・身分証明書
  • 国民健康保険の資格喪失届/印鑑・保険証・身分証明書

電気・ガス・水道の移転手続きを済ませる

新居に引越し

新しく住民登録をする市区町村役所に行く

  • 転入届を提出(市区町村が変わった人)
  • 転居届を提出(市区町村が同じ人)
  • 住民票をもらう
  • 新しい戸籍謄本(抄本)をもらう
  • 印鑑登録
  • 国民年金の住所変更
  • 国民健康保険加入

各種住所変更

  • 運転免許証
  • 生命保険
  • 銀行口座
  • パスポート
  • クレジットカード

帰省時に戸籍謄本を取得!

ふたりで結婚の挨拶などで実家に行った際、役所で戸籍謄本をもらうと便利です。
提出先に本籍がない場合は、戸籍謄本が必要です。
戸籍謄本は本籍のある市町村役場で取得できます。

運転免許証やパスポートの変更手続きは早めに!

手続きには本人確認の身分証明書が必要なものがあります。
運転免許証やパスポートの変更手続きをはじめに済ませると、変更したものを使用できるので、その後の手続きがスムーズです。

(C)2016 For wedding, all rights reserved