後悔しない会場タイプと選び方のコツ

新郎新婦にとって、一生の思い出になる結婚式。その舞台となる結婚式場は、何度も検討を重ねて決めるものです。安易に決めて後悔しないよう、結婚式場のタイプと、選び方のコツをお教えします。

<結婚式場選びをする前に>

ただ「結婚式場を選ぶ」と言っても、選択肢が広すぎて、何から手をつけていいのか分からなくなります。
まずは2人で、どんな結婚式をしたいのか、じっくり話し合いましょう。

結婚式のスタイルは現在、多様化しています。定番的なフォーマルスタイルから、日本伝統の和婚スタイル、そして開放感あふれるガーデンウェディングまで、実にさまざまです。

理想の結婚式を、なるべく具体的に話し合い、イメージを共有し合いましょう。

 

その上で、ゲストの人数や日程、予算などの目星もつけておけば、式場の候補を絞り込むことができます。

 

<結婚式場のリサーチ方法>

 

結婚式場選びは、まず情報集めから。ネット情報や結婚情報誌を読んだり、ブライダルフェアに足を運んだりするなどの方法があります。

 

ネット情報や結婚情報誌のメリット

 

自宅にいながらにして、結婚式場の情報を集めることができます。手軽に情報を集められますが、ネット情報や紙面からでは伝わらないこともあります。また、これらの記事は原則として「広告記事」がほとんどなので、式場の特徴や長所は強調されていますが、短所は分かりにくい傾向にあります。

 

ブライダルフェアのメリット

 

 

それぞれの結婚式場が開催するブライダルフェアは、模擬挙式や模擬披露宴など、ゲスト目線で実際に見ることができ、結婚式のイメージを具体的に膨らませることができます。
また、料理の試食やウエディングドレスの試着体験も可能です。

予約制で日程が合わない場合があるので、スケジュール調整はしっかりと。

 

以上のことから、最初はネットや情報誌で情報を集め、その中からピックアップした式場のブライダルフェアに足を運ぶといった順序が、もっとも効率的と言えます。

 

<結婚式場選びをするタイミング>

 

結婚式場選びには、一般的に2〜3ヶ月ほど必要だと言われています。
挙式日から逆算するなら、できれば1年前、遅くとも9ヶ月前には式場選びをスタートさせましょう。出足が遅れるほど、人気の結婚式場は予約で埋まってしまい、妥協せざるを得なくなります。


< 結婚式場のタイプ >

 

「結婚式場」と言っても、さまざまなタイプがあります。それぞれのメリット、デメリットを、利用者目線で解説しましょう。

 

ホテル

ウエディング関係の施設が充実しているホテルは、ラグジュアリーな雰囲気で挙式を挙げることができると人気です。そのまま宿泊もできるので大変便利です。

ホテルによっては、ガーデンウエディングやレストランウエディングなどにも対応しているので、柔軟性が非常に高いと言えます。

またさまざまなゲストを迎えてきたことで培われた行き届いたおもてなしのホスピタリティやサービスはホテルの最大の魅力です。その信頼感・安心感は親御さま世代にとってはもちろんゲスト全員にとっても絶大です。

 

 

専門式場

専門式場でのウェディングは、専門ならではのきめ細やかなサービスや演出が自慢です。新郎新婦の意向も柔軟に聞き入れてくれるなど、細やかな配慮が魅力です。

また、ほとんどの専門式場ではチャペルを併設しています。またロケーションの良さが売りの専門式場も少なくありません。

その一方で、宿泊施設がないといったデメリットもあります。

 

 

レストラン

レストランで披露宴を行うレストランウェディング。時間内は貸し切り状態にできるので、アットホームな結婚式ができます。レストランなので料理が美味しいのも魅力。

そして、比較的リーズナブルです。

その一方で、結婚式は別会場のチャペルなどで行う必要が。

 

また、カジュアルな雰囲気ゆえに、結婚式としての“重み”を感じにくいというデメリットもあります。

 

 

ゲストハウス

一軒家を借り切ったゲストハウスのウェディングは、セレブ感に満ちた雰囲気を前面に演出できます。邸宅のような建物やガーデンなど設備が充実していて、オリジナリティあふれる結婚式を企画できます。

また時間内は貸し切り状態になるので、プライベート感に満ちています。

その一方で、コストがかかる、宿泊施設がない、場所が分かりにくいといったデメリットもあります。

 

 

 

ホテル椿山荘東京の緑豊かで静かなロケーションは、都心のホテルとは思えないほどの静けさ。ホテルでありながら、広々とした敷地内には、チャペルはもちろん、神殿、ガーデンや空中庭園などを完備。飲食施設は披露宴会場からコンパクトなレストラン、料亭まで用意しているので、おごそかなフォーマルウエディングからアットホームなレストランウエディングまで、幅広いウェディングのスタイルに対応しています。

 

<タイプ別結婚式場の選び方>

 

フォーマルスタイル < ホテル・専門式場 >

上品で華やかなウェディングをしたいなら、フォーマルスタイル。

結婚式の定番的なスタイルと言えます。

シャンデリアのきらめく格式の高い披露宴会場で、ゲスト一人ひとり行き届いたおもてなしを提供できます。

 

ホテル椿山荘東京では、最大400人まで収容可能な披露宴会場で、格式あふれるフォーマルな結婚式が可能です。

 

家族婚スタイル < ホテル・レストラン >  

 

ご家族、ご親族中心の結婚式です。少人数ならではの、アットホームなウェディングができます。

肩ひじ張らず、ゆっくりと会話を楽しみながら、穏やかな時間を過ごせます。

 

ホテル椿山荘東京では、緑が目の前に広がるフレンチレストランをはじめ、自宅に招待するようなバンケット、庭園内にある数寄屋造りの料亭など、さまざまなシチュエーションで、家族婚を提案しています。人数は6名から可能です。

 

ガーデンウェディング < ホテル・専門式場・ゲストハウス >

鮮やかな緑に彩られたガーデンウェディングは、開放感が満点。
特に、春や秋といった爽やかな季節には、人気が高いプランです。

 

ホテル椿山荘東京では、プライベートガーデンとテラスがなければできない演出を取り入れたウェディングを提案。
親族とは会食、友人とは立食といった、2部制のパーティにも柔軟に対応します。またテラスにキャンドルを配した「ナイトウェディング」といったロマンチックな演出も可能です。

 

和婚スタイル < ホテル・専門式場 >

近年、若い人にも人気上昇中の「和婚スタイル」。
凛とした和の装いは、おごそかで格式の高いウェディングを約束します。

ホテル椿山荘東京では、2017年秋に新たな神前挙式場の「庭園の神殿」が完成します。

出雲大社の主祭神である「大国主命(おおくにぬしのみこと)」をまつり、荘厳な雰囲気の中、結婚の誓いを立てることができます。神殿は自然豊かな敷地内の「森」の中にあり、最大100名まで列席できます。


挙式婚、フォトウェディング、etc…

結婚式の多様化により、さまざまなスタイルの挙式があります。

「挙式婚」や「フォトウェディング」といった新しいかたちのウェディングにも対応。「挙式だけでも行いたい」、「ウェディングの記念写真だけ撮影したい」といった、二人の想いに応えています。

 

 

 

 

 

 

人気記事ランキング