席次表③ ~ 席の配置 ~

上座・下座を守りながらも、ゲストに楽しんでもらえる
席の配置を考えよう。
ご親族席は親御さまと相談を。

席の配置

新郎新婦に最も近い席が「上座」、最も遠い席が「下座」になります。
席の配置は「上座」から順に
主賓→上司(目上の方)→勤務先や学生時代の先輩→友人・同僚→親族→家族→両親 となります。

両親は、当日はホスト&ホステスですので、席は「下座=末席」になります。

メインテーブルを前と見て、最前列のテーブル数が偶数か奇数かで、両家の主賓テーブルの設えの仕方が異なってきます。

 

 

最前列のテーブル数が偶数の場合

 

 

最前列のテーブル数が奇数の場合

 

 

∗ 右方上位
 右側の方が上位であるという意味。
 結婚式当日は、挙式中から写真撮影や移動中も、常に、新郎が右で、新婦は左となります。
 養子縁組や婿養子の場合は、婿をとる新婦の方を上位と考え、左右逆になることもあります。

∗ 上記の配置は一例。
 歓談しやすいゲスト同士を隣り合わせにする方法も。その場合は、ゲストが”格”を気にしたり、

 不快感を感じることがないよう十分に考慮しましょう。
 主賓や会社の上司関連のテーブルは、特に気をつけましょう。

∗ テーブルによって、ゲストの人数が異なってもかまいません。

 

 

 

 

 

人気記事ランキング

ホームペーパーアイテム 席次表席次表③ ~ 席の配置 ~