席次表⑤ ~ 席次表の肩書き ~

肩書きはふたりとの間柄をつけますが、決まりごともたくさん。
会社の方は名刺を確認するなど、マナーを守って考えましょう。

席次表の肩書き

肩書きにはさまざまな表記方法がありますが、大切なことは両家で統一すること。
基本的に、ゲストには肩書き、またはふたりとの間柄をつけますが、肩書きの方を優先するようにしましょう。
そのゲストをお招きした理由、立場がよくわかり、本人に喜ばれる肩書きを考えてみましょう。

 

 

肩書き、間柄の記入例

「肩書き」、または「場所+間柄」、「間柄のみ」で使用。

 

 

 

新郎新婦との続柄 肩書き
会社関係  招待客 の会社名、役職名(名刺を参考に)、役職がない場合は部署名を記載
奥様・お子様  ○○様令夫人、○○様令息、○○様令嬢
ご友人  主催者(新郎・新婦、または父・母)との間柄を記載
仕事の間柄  同僚(友人)、同期、先輩、上司
 転職・退職済の場合 → 新郎(新婦)元会社上司
 招待客 が転職・退職済の場合 → 新郎(新婦)会社元上司
学校の間柄  過去の場合 → 恩師
 現在の場合 → 先生、師匠、師範
 友人、先輩
一般的な間柄  同年代・年下 → 友人
 目上の方 → 来賓

 

 

∗ 病院や役所等を表す場合は、「会社」ではなく「職場」などとしましょう。
∗ 招待するお客様なので、「後輩」ではなく、「友人」や「同僚」を使用しましょう。

 

親族の肩書き

 

「新郎」「新婦」の後に肩書きをつける。

(例) 新郎父  新郎母  新婦伯父  新婦叔母

 

新郎新婦との続柄 肩書き
両親  父・母
兄弟・姉妹  兄・弟・姉・妹
兄弟・姉妹の配偶者  義兄・義弟・義姉・義妹
兄弟・姉妹の子供  甥・姪
祖父母  祖父・祖母
祖父母の兄弟  大伯父・大叔父・大伯母・大叔母(おおおじ、おおおば)

両親の兄・姉

(その配偶者も含む)

 伯父・伯母

両親の弟・妹

(その配偶者も含む)

 叔父・叔母

*年上のいとこ

(その配偶者も含む)

 従兄・従姉

*年下のいとこ

(その配偶者も含む)

 従弟・従妹
いとこの子供  従甥(いとこおい)・従姪(いとこめい)
両親のいとこの子供  再従兄・再従弟・再従姉・再従妹(全てはとこ)
上記以外の親族 一般的に 親戚

 

*「同い年のいとこ」に関して
同い年のいとこの場合、厳密に言えば、誕生日の早さで、「年上」「年下」に分けることができます。
招待するお客様なので、「年上のいとこ」と同様の肩書きで表すのもよいです。

 

 

 

 

 

人気記事ランキング

ホームペーパーアイテム 席次表席次表⑤ ~ 席次表の肩書き ~