アットホーム婚で伝えよう!お世話になった方への感謝の気持ち

近年、「アットホーム婚(アットホームウエディング)」というウエディングスタイルが注目を集めています。とはいえ、ぼんやりとしたイメージこそ頭に浮かびますが、実際はどんなものか分からない人が大部分なのではないでしょうか。アットホーム婚とは、どういったウエディングなのか。どんな個性やメリットがあるのかを、紹介します。

おもてなしの心を大切にするアットホーム婚

 

 

結婚式のスタイルは、近年、大きく多様化しています。豪華な披露宴会場で行うフォーマル婚から、近親者と挙式だけを行う挙式婚まで、実にさまざまなウエディングがあります。

ご親族やご友人に感謝のこころを伝え、喜びを分かち合いたい。そう願うカップルに人気のウエディングが「アットホーム婚」です。

 

「アットホーム婚」は、コンセプトウエディングの一つ。言葉そのままの意味を借りれば「自宅でのおもてなしのような、気取らないウエディング」と言えます。

ご家族やご親族、ご友人、職場の方々など、今までお世話になった方々に感謝を伝える。それが、アットホーム婚のコンセプトです。

 

アットホーム婚のメリット

 

 

ゲストの皆さんに感謝を伝えるアットホーム婚。新郎新婦とゲストとの距離が近く、温かみに満ちたウエディングになることが、アットホーム婚の最大の魅力です。また、アットホーム婚は、一般的な結婚式よりもカジュアルな雰囲気です。そのため、一般の結婚式では不可能な演出やサプライズでも、アットホーム婚なら可能です。

 

アットホーム婚は、手作り感に満ちた雰囲気も魅力です。新郎新婦のこだわりを全面に生かした演出など、DIY的な要素は、手作りのもてなし感を高めてくれます。

また、あえて「演出は友人たちにおまかせ!」という、真逆のアプローチも面白いものです。ウエディングの準備における新郎新婦の負担が大きく軽減され、ふたりも知らないサプライズ連続の演出は、ウエディングを大いに盛り上げてくれるでしょう。

 

 

アットホーム婚に向いた結婚式はどんなもの?

 

 

アットホーム婚は「ご親族や近親者しか呼ばない小規模のウエディング」と誤解する人がいますが、必ずしもそれは正しくありません。おもてなしの心があれば、人数は関係ないからです。

フォーマル婚のように格式ばらず、ゲストに感謝の心を伝え、ゆっくりと楽しい時間を過ごしたい。手作りのようなあたたかなウエディングを行いたい。そんなウエディングに、アットホーム婚は最適です。

 

また、急に結婚が決まった時にも、準備期間が短期間で済むアットホーム婚は強い味方です。その他にも、さずかり婚、お子さま連れの再婚といった「結婚式をささやかに挙げたい」というリクエストにも、アットホーム婚が向いていると言えます。

 

アットホーム婚なら、思いっきり演出やサプライズを楽しめる!

 

 

結婚式の自由度が高いことも、アットホーム婚ならでは。新郎新婦のパーソナリティが伝わる演出や、あっと驚くサプライズで、ウエディングを盛り上げましょう。例えば、鏡割りや、ムービー上映など、さまざまな演出が考えられます。

また、フロアを貸し切りにすれば、より大胆な演出が可能になります。例えば、室内にふたりの思い出の品を配したり、思い出の写真を場内のいたるところに散りばめたり。ご親族やご友人を巻き込んだ、サプライズのフラッシュモブなど、会場全体を使ったスケールの大きな演出も不可能ではありません。

 

ガーデンウエディングなら、バルーンリリースをしたり、ゲスト全員が花飾りをするなど、空間や緑を生かした演出が人気です。また、あえて式を夜に開催し、キャンドルを一面に灯すのもロマンチック。もちろんガーデンなら、デザートビュッフェも定番のお楽しみです。

 

結婚式場選びのポイント

 

アットホーム婚の式場は、以下の3タイプの会場が、使い勝手の良さから候補となります。


■ワンフロア貸切

アットホーム婚は、親しい人を招いて行うウエディングです。いい意味でのクローズ感が大切なので、ワンフロア貸し切りができるホテルは、アットホーム婚に理想的な環境と言えます。

 

■ガーデンウエディング

開放感いっぱいのガーデンウエディングは、ロマンチックなアットホーム婚に最高のシチュエーションを提供します。ガーデン設備を有効に活用すれば、素晴らしいアットホーム婚が演出できます。

 

■レストランウエディング

店をまるごと貸し切り状態にできるレストランウエディングは、アットホーム婚にぴったりな空間です。路面店のレストランでなくても、ホテルの専用フロアやホテル内のレストラン、料亭などでも、満足度の高いアットホーム婚が可能です。

 

 

 

 

 

人気記事ランキング

ホーム進行・演出アットホーム婚で伝えよう!お世話になった方への感謝の気持ち